アプローチはクリニックで着実に行なう|シミ取りも可能

シミ取りで美肌に

女医

シミ取りで行われる光治療とは、IPLと言われるレーザーとは波長が違う光を顔全体に当てることによって、シミやしわ、そばかすやくすみを取ることができるという方法です。シミだけではなく、様々な肌トラブルを改善できる最新の治療方法です。光治療で使われる光は、カメラのフラッシュと同じくらいで、レーザーで使われる光よりも弱くて柔らかいため、感じる痛みや刺激が少ないです。また、肌にトラブルが起こっている部分にのみ光がはたらきかけるため、安全面でも優れています。シミ取りの光治療が人気となっている理由は、痛みがない、様々な肌トラブルに効果があるという点以外に、1回の治療で広い範囲に効果がある、麻酔が必要ない、施術後すぐにメイクができるという点なども挙げられます。広い範囲に効果があるため、顔全体の肌トラブルを解消すると同時に、肌全体のハリや透明感を与えてくれます。麻酔が必要なほど強い光を当てることもないため麻酔は使われません。肌へのダメージが少なく施術後のダウンタイムも少なく、すぐにメイクをすることができます。これらの様々なメリットから、シミ取りの光治療が人気となってきています。

シミ取りの光治療は多くのメリットがあり人気となっていますが、気を付けなければならない点もいくつか存在します。光治療は肌へのダメージなどのリスクがとても少ない治療方法ですが、その反面、完全にシミを消すためには何回かの治療を受ける必要があります。2週間から3週間ほど空けて定期的に治療を繰り返していくため、長めの治療期間も必要になります。治療するスケジュールを医師と相談しておくことも大切です。また、比較的痛みや施術後のダウンタイムが起こりにくいと言われていますが、人によっては痛みを感じたり炎症を起こす可能性があります。その場合はしっかりと医師の指導に従うようにしましょう。痛みが少ないといっても、全く痛みが出ないというわけではなく、ゴムで弱く弾いたときと同じくらいの痛みや、チクチクとした痛みを感じる人が多くいます。また施術後は、施術する前よりも肌が敏感になっている場合があるため、肌を丁寧にケアするようにしましょう。また、効果を長持ちさせるためにも日焼け対策を行うことも大切です。